国家資格の優位性

医師が患者さんに治療を施せるのも、弁護士が法廷で被告人を弁護できるのも、それぞれ医師資格や弁護士資格という「業務独占資格」を所有しているからと述べました。ある国家資格を持っていれば、その業務を独占して行うことができるということ。すなわちそれは、国家により認められた、その道のプロフェッショナルということです。これほど強力な武器はありません。

さらに国家資格の優位性を述べるならば、その希少性にあるといえます。司法試験や医師試験をはじめ、税理士や公認会計士など多くの国家資格試験が極めて難関であり、多くの試験の合格率は1割にも届きません。全国民の中でも国家資格の試験を目指す比率からして少ない上に、さらに合格率が1割にも満たない国家資格の希少性は抜群に高く、当然、商品であれ資格であれ希少性の高い物は社会から「価値がある」と判断されます

初学者が1発合格可能な国家資格も!

資格の中でももっとも〝希少価値〟の高い国家資格だけに、もちろん信頼性も抜群の高さを誇っています。国家資格が持つ信頼性は社内における人事面でも報酬面でも確実に査定へと有効に機能しますし、転職においてもその効力を十分に発揮することは間違いありません。この不況下を生きぬくための武器、それは、社内でのスキルアップに新たな業界への転職、そして、独立開業など、あらゆるシーンにおいて、国家資格の右に出るものなどないのです。

ここまで読んでいただいて、国家資格の持つ威力は十分にわかっていただけたかと思います。しかしながら、その一方で「合格率が1割にも満たない試験に合格できるはずはない」と思われる人も多いのではないでしょうか。

確かに、医師試験や司法試験などは大学で専門の学部に所属した人でも合格は難しいとされる、現在の日本における最難関資格です。しかし、国家資格には学校で学習した上でも合格できないような、超難関資格ばかりではありません。全くその業界や業務に知識の無い初学者でも、最適な学習方法を選択し効率良く学習を継続できれば、わずか1回の挑戦で合格することも可能な資格も存在しているのです。これは嘘ではありません。もちろん、当サイトをご覧のみなさんにも〝国家資格〟という最強ブランドを手に入れることが可能なのです!

国家資格を目指すならコチラの通信講座へ>>>

次のページ >>