注目の国家資格①:行政書士

<業務概要と将来性>
会社設立や自動車登録をはじめ、各種内容証明や相続・遺言、飲食店・風俗店開業など、監督省庁へと届け出が必要な書類を作成し、提出申請の代行が主な業務。なお、これら書類の作成・申請代行は行政書士の独占業務となり、作成可能な書類は約1万通にも上るとされる。

<ワークスタイル>
企業による社員としてのニーズが少ない資格のため、行政書士として独立する志向を持った人向けの資格である。また、開業にあたっても特別業務に必要なツールなどはなく、自宅でも業務を行えるため開業における敷居は低い。

<試験概要>

受験資格

 : 

年齢(学歴)、性別、国籍など一切の条件はない

実施日

 : 

毎年10月の第4日曜日に実施

出題科目

 : 

憲法や行政法をはじめ、行政手続き法や民法や商法など行政書士の業務に必要な法令等より46題、また、政治や経済、社会や個人情報保護など、行政書士業務に関する一般知識を14題出題

受験費用

 : 

7000円

<取得の現実度>
年齢、性別、学歴など一切の受験資格が無く誰でも受験が可能。そうした敷居の低さもあり〝士業の登竜門〟と言われている。関連知識のない初学者が合格レベルにまで達するには、500?100時間の学習が必要とされている。
また、例年の合格率は6%強と一割にも満たないが、受験者にはお試しや記念受験者層も多くあまり気にする必要はない。そのため、適切な学習法で計画的かつ効率的に学習することが出来れば、決して初回合格も無理ではないレベルであると思われる。

<報酬に関して>
行政書士の平均年収は約500万円程度とされています。しかしこの数字はあくまで平均額であり、データには週末限定の兼業書士や行政書士事務所に勤める勤務書士も含まれています。ということは、独立し自分の得意分野の業務を拡大することができれば、年収1千万円超えも不可能ではなく、また、実際に1千万超えの書士さんも多く存在し活躍しているのです。

行政書士試験で高い合格率を実現する通信講座はコチラ>>>

次のページ >>